2GIS – アルマトイ、ビシュケクのおすすめ交通機関ルート検索アプリ

カザフスタンのアルマトイ、キルギスのビシュケクは市バスやマルシュルートカ(乗合バン)の交通網が発達しています。

路線が複雑で初めて訪れた外国人が使いこなすにはちょっとハードルが高いだけに、この「2GIS」はスグレモノの地図・ルート検索アプリで重宝します。

キリル文字がわからなくても、地図上のタップで「出発地」「目的地」を指定できれば、自分が乗るバスやマルシュルートカの番号やルートを表示してくれます。

モスクワやサンクトペテルブルクをはじめ、主に旧ソ連圏の都市部をカバーしているようです。
カザフスタンでは、アルマトイ、アスタナ、シムケント、キルギスではビシュケクが使えます。

 

2GISの基本的な使い方


画面下のメインメニューボタンをタップすると・・・



メインメニューが出てきます。
【Cities】からダウンロードしたい都市の地図を選べます。
【Route】から出発地と目的地を設定してルート検索できます。


【Route】ルート検索画面では、画面一番上のバスマークが選択されていることを確認。右側の乗用車マークは徒歩ルートの検索用。

「A Departure point」に出発地名、「B Destination」に目的地名を入力。

キリル文字だと理想ですが、アルファベット入力でも画面下に施設名等の候補を表示してくれます。

地名や施設名がわからない場合、「On the map」をタップして地図を表示させて、地図上から出発地や目的地を指定することができます。


地図上で出発地をタップするとそこに「A」の文字が表示されます。

画面右下のチェックマークをタップして確定。

確定前に、「A」マークをドラッグすることもできます。


Aの出発地欄に地図上でタップした場所の地名が入力されました。

Bの目的地も地図上で探したい場合は、もう1度「On the map」をタップ。


地図上で目的地をタップすると「Б」が表示されます。Bのキリル文字です。

画面右下のチェックマークをタップして確定。

確定前に、「Б」マークをドラッグすることもできます。


指定したA地点からB地点へのバスルートの選択肢が表示されます。乗り換えの有無や主要時間、バス停までの徒歩部分の所要時間も表示されます。

一番上の選択肢をタップしてみると・・・


選択したルートが地図上で表示されます。

乗り換えが必要な場合は、どこで乗り換えるかも地図上で表示されます。


Posted in 旅の情報

関連記事